バラと花屋さんTop >  バラの豆知識 >  バラの種類と歴史

バラの種類と歴史

バラの花、プレゼントにもよく使われる花ですね。

花といえばバラと答える人も多いのではと思うくらいに、メジャーな花のひとつです。

バラの花には、ビックリするくらいに多くの種類があることをご存知ですか?

バラの種類を大きくわけると次の2種類にわける事ができます。

モダンローズとオールドローズです。


ラ・フランス誕生以前のバラをオールドローズ(Old Roses)と呼び、

誕生以降のバラをモダンローズ(Modern Roses)と呼びます。

ラ・フランスって何?という感じですが、ラ・フランスというのは、

1867年にJean-Baptiste Guillotによって発表された、

ハイブリット・ティーローズのことを言います。

1867年以前の野バラも含め、育成・栽培されていたバラのことをオールドローズと

覚えておくといいかと思います。

この2種類のバラについて、お話してみたいとおもいます。


モダンローズ

ハイブリッドティーローズキャラミア

モダンローズの代表的なバラといえば、ハイブリットティー系といわれるものです。

ハイブリッドティーローズはモダンローズの中心的な存在であり、

バラの60パーセントを占めています。

バラの花が世界中に愛されるようになったのも、ハイブリッドティーローズの存在が

あったからこそとも言われています。

格調高い花形であり、彩りが豊富なことから、切花、鉢植え、花壇にもむいており、

育て方、楽しみ方も様々です。

香りが強い品種が多いというのも、ハイブリッドティーローズの大きな特徴のひとつです。


オールドローズ

ラ・レーヌ・ヴィクトリア:オールドローズ・ブルボン系

バラといえば切り花として楽しむことが多いですが、オールドローズは茎やツルといった、

バラ全体をひとつの姿として楽しむことを目的とし、ヨーロッパ庭園で栽培されていました。

オールドローズという呼び方は、どうも曖昧なもののようです。

オールドファッションド・ローズと呼ばれたり、クラッシック・ローズと呼ぶこともあるようです。

オールドローズの種類は、細かくわけると数種類あるのですが、その中でも、

様々な品種改良の原点ととも言われている種類が、ガリカと呼ばれているものです。


バラの花の歴史を遡ってみると、かなり古くからあることがわかります。

数千万年前のバラの化石が見つかったこともあるようです。

そんな長い歴史の中、時代と共に人の手によって様々な品質改良もなされ、

現代では、多種類なバラが誕生しています。

バラの花そのものを育て、香りや姿を楽しむのもいいですが、バラの歴史を調べてみるのも

また違った角度から、バラを楽しむことが出来るのではないでしょうか。

ここでは紹介しきれないくらいに、バラの種類の多さにはビックリしますが、

種類を調べて系統などを知る事も、また楽しいかもしれません。


オールドローズとモダンローズを交配させた、イングリッシュローズが、

現代の日本では人気が高いようです。

イングリッシュローズは、オールドとモダンのそれぞれの良い部分を受継いでいます。

これまた種類の多さにはビックリするのですが、イングリッシュローズには、

100種類以上あるといわれています。


こうしてバラの歴史や種類などを見てみると、時代の流れに隠されたバラに関連する

興味深いエピソードなどをみつける事が出来るかもしれませんね。

プレゼントとしても、花言葉としてもよく使われるバラの花、

奥深さを感じているのは、私だけでしょうか。


バラと花屋さんトップへ

バラの豆知識

バラの歴史やバラにまつわるエピソード・種類などの豆知識を紹介しています。

関連エントリー

バラの種類と歴史


バラと花屋さんMENU
バラと花屋さん更新履歴
バラと花屋さんRSS
バラと花屋さんタグ
  • seo